« ツンデレ姉さん | トップページ | ポスト女子 »

2011年12月 4日 (日)

リボンの曲にこめられた想い?

Pb270147 リボンの曲について。
先日も少し書きましたが、聞いているうちに、じわじわ思いがこみ上げてきました。

前半はともかく、ショー後半で流れるシーンでは、日本語の歌詞が心にじわーっとしみてきます。
そこに、ふわーっとBeMagicalが入り込んでくるアレンジがパークらしいです。
自分はそのシーンで思わず涙が出てきました。

”みんなでクリスマスの海に出航するんだー!!”
のミッキーの掛け声から始まる後半のシーンはなんだかもう、いっぱいいろんな想いが詰まってるんだろうなぁと思います。
曲の中でも後半の好きな部分を、聞き取れた範囲で書いておきます。続きからどうぞ!

震災からもうすぐ9ヶ月、パークが再開して8ヶ月。

あのときは、海の、自然の力の大きさを、恐ろしいほどに感じました。

Pb270150 被災した方にとっては、海は、そういう記憶を思い出す苦いものになっている部分もあるのだろうと思います。
だから余計に、シーは、海や航海という言葉や伝え方を慎重に選んでいかなければいけなかったんじゃないかと。
今になって気づけば、10周年のオープニングセレモニーで、”航海”という言葉を加賀見さんが使わなかったのは、そういう配慮もあったのかもしれないと思えてきました。

世界でひとつの、海をテーマにしたパーク。
海に囲まれた日本だからこそ、できたパーク。
その10周年をお祝いする年に起こった、大地震という大きな災害。それに伴う津波という、海からの災害。

Be Magicalというテーマに、スタートから違和感を感じていました。
どうしてシーなのに、魔法なのか。。
そのつながりに、個人的にはシーのランド化の印象しか持ちませんでしたが、今になって、Magicalという言葉の意味をもう一度考えています。

Pb270077r 聞こえるもの感じるものみなマジカル

私たちが、今こうして生きていることもマジカルなこと。。
色々な当たり前のものが、聞こえてきて感じられる心や体があるということも、マジカルなこと。
このワンフレースを聞いて感じたことです。
”つなぐ”とか”ひとつにする”とか、そういった言葉もみんな、復興への願いがこめられているように感じました。
アニバーサリーだから、テーマソングを入れてきた、とはじめは思いましたが、ただそれだけじゃなく、伝えたいことの一つとしてこの曲が使われているように感じます。

メッセージとしては、今年はランドもかなり強く表に出してきているなぁという印象を受けますが、シーの方がもっともっと、強い想いがこめられているように思います。

今年は、いつもと違ったクリスマスになりました。
パークに来た方たちみなさんに、シーの想いが伝わりますように。
考えすぎでしょうかね(;´∀`)

いつもありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン ランキングに参加しています。気に入っていただけたら・記事がお役に立ちましたらクリックしてくださると嬉しいです(^^)コメントの代わりにクリックしてくださるのも嬉しいです♪みなさまのクリックが一票になります→

聞き取れたように書きましたので、間違いがありましたらご容赦くださいヾ(^-^;)

リボンの放つ輝きは
ぼくらは一人じゃないよと伝える

クリスマスリボン
海を越えて
クリスマスリボン
世界包め

分かち合う思い受けて
みんなの心 ひとつにする

クリスマスリボン
空を越えて
クリスマスリボン
世界包め

ぼくらのクリスマスウィッシュのせて
輝いて突き進め
クリスマス届け

すべてMagical Be Magical

聞こえるもの感じるものみなマジカル
仲間とともに分かち合おう

魔法の海
東京ディズニーシー

みんなのクリスマスウィッシュのせて
七つの海を
クリスマスで包み込む
そう クリスマスリボンが
ひとつにする

クリスマスリボン
きみのもとへ
クリスマスリボン
思い届け

みんなを包むリボンは
七つの海を
心でつなぐ
そうきっときみを
包む

|

« ツンデレ姉さん | トップページ | ポスト女子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/262/43243734

この記事へのトラックバック一覧です: リボンの曲にこめられた想い?:

« ツンデレ姉さん | トップページ | ポスト女子 »