« So this is love 映画の中の3拍子 | トップページ | 仲良し親子、羨ましい! »

2010年3月16日 (火)

ジャズ猫たちの音楽

音楽ネタを続けます。
今日は大好きなジャズの流れる映画の、おしゃれキャットから、”Evreybody wants to be a cat”

P2210222r ジャズといえば猫?
そんなイメージがあたしの中にあるのは、きっとこの映画の影響だと思います(笑)
野良猫たちのラフな感じと、ジャズの遊びのある音がイメージで重なります。
猫にジャズをさせたディズニーのイマジニアさんたちはすごいと思う!!

Everybody wants to be a catは、野良猫たちと一緒にオマリーが歌って、ダッチェスたち親子に外の世界の楽しさを見せてくれるようなシーンで流れます。
猫ってすばらしい!!っていう。。
ブルースっぽいオマリーの歌い方もかっこいいし、それにつられて歌うマリーの子どもらしい歌声ももちろんかわいいです(*´艸`)
そこからジャズ猫たちのセッションが入ってくるのが楽しい。
いかにもジャズらしい。

この映画って、音楽はどなたが担当してたのかな?・・・と調べてみました。
誰か有名なジャズの人が関わってたっけ??・・・わんわん物語はペギーリーさんが関わっていたので。。
と思いましたが、wikiに載っている人は、自分の知るところではなかったですorz
ただ、歌はシャーマン兄弟も作っていたんですね!?
知らなかったぁ。

いつもありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン ランキングに参加しています。気に入っていただけたら・記事がお役に立ちましたらクリックしてくださると嬉しいです(^^)コメントの代わりにクリックしてくださるのも嬉しいです♪みなさまのクリックが一票になります→

|

« So this is love 映画の中の3拍子 | トップページ | 仲良し親子、羨ましい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/262/33772955

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ猫たちの音楽:

« So this is love 映画の中の3拍子 | トップページ | 仲良し親子、羨ましい! »