« 食わず嫌いをこえるとき | トップページ | 今日のフィッシングツアー »

2009年12月29日 (火)

フリーのグリ、整列グリ グリについて思うこと

クリスマスの混雑シーズンに、ファンタジーランドでグリしているアリスたちに会いました。

Pc060074 ファンタジーランドのグリって、背景とキャラたちがぴったりで、そのままお話から飛び出してきたみたいなので、見るのが好きです(^^)
このときは、もうグリタイムが終わって、バックステージに戻るときでした。
おくれちゃう!おくれちゃう!
ごめんなさいね、おくれちゃうから通してちょうだい!
と、人をかきわけて通り抜ける2人。(笑)
まさにキャラの設定そのままでかわいい(*´艸`)

Pb050067 グリって、そもそもグリーティングを短く言った言葉で、キャラと挨拶したり話したりすることですよね。
でも、ただ挨拶したりするだけじゃないのが、パークのキャラクターグリーティングだと思うんです。
アトモスフィアバンドさんのように、雰囲気として登場するような。
テーマに合った設定で、ふらっとキャラたちに会えるから、嬉しいんですよね。
これが普通のグリ。
P1190341 だけどそれがいまやフリーのグリ、なんていう呼ばれ方をしている。
対する言葉が整列グリ。
今のところは、エントランスのミッキーミニーやプーさん、それからミッキーの家、アリエル、そしてダッフィーさんのグリがそうです。
並んでグリーティングをするというもの。

整列グリは、絶対にグリできるという安心感がありますよね。
海外では整列グリがほとんど、という印象ですが、個人的には、日本の整列グリとは違う気がします。
自然とゲストが列を作るんです。
舞浜とはちょっと違う。

会えたらラッキー、くらいの気持ちだった人が多かったときは過ぎて、絶対に一緒に写真を撮りたい!とか、写真に収めたい!という人が多くなってきたということでしょうか。。
これもまた、抽選制度と同じくらい、パークが変わったのか、ゲストが変わったのか・・・と色々考えさせられる変化の一つだと思います。
アリスたちの堂々と帰っていく姿を見て、色々考えたのでした。

いつもありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン ランキングに参加しています。気に入っていただけたら・記事がお役に立ちましたらクリックしてくださると嬉しいです(^^)みなさまのクリックが一票になります→

|

« 食わず嫌いをこえるとき | トップページ | 今日のフィッシングツアー »

コメント

こんにちは。

グリーティングの良さは、好きなキャラクターを身近に感じられ、ふれ合えるところにあるのではないかと思います。一緒に写真を撮ったり、握手をしたり、サインをもらったり、といろいろな楽しみがありますよね。
一列に並んでのグリーティングは、多少の時間はかかるものの、周りを気にせず、グリーティングができるところが魅力ですよね。待っているあいだ、キャラクターの動きとか見ているだけでも楽しいですし。
通常のグリーティングでは、写真を撮るのも至難のわざ。他のゲストさんに遠慮していたら、なかなかうまくいきませんものね・・・私も以前はそんな感じでした(笑)
少し前のことになりますが、シーでのグリーティングのこと。先に終ったミニーが、ミッキーが終るのを待っていて、仲良く一緒に帰っていった光景を見ていたら、ほんとにいいカップルなんだな~、と気持ちが和みました。

*******************

チーズさん。
一年間、楽しいブログをありがとうございました。
また来年も書き込みにお邪魔させていただければ嬉しく思います。どうぞよろしくお願いします。
では、よいお年をお迎えください☆

あーしゃ


投稿: あーしゃ | 2009年12月30日 (水) 15時34分

>あーしゃさん
そうですね、並ぶのは大変だけど自分たちのためにグリしてくれるところが嬉しいですよね。
グリしている様子を見るのは、楽しいですね。
あたしもよくやってます。
見ているだけで和む時もありますよね。
キャラらしさが、グリだとよく見えて面白いですね。

いつもコメントありがとうございます(^^)
のんびりペースも、今年はペースを崩さず書けたかなぁと思います。
あーしゃさんも、よいお年を!♪

投稿: チーズ | 2009年12月31日 (木) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/262/32773292

この記事へのトラックバック一覧です: フリーのグリ、整列グリ グリについて思うこと:

« 食わず嫌いをこえるとき | トップページ | 今日のフィッシングツアー »