« リゾートラインの終点? | トップページ | DLRレポ セキュリティゲートのティモンとプンバァ »

2009年10月20日 (火)

フード施設でもデジタル化

パーク内でもデジタル化がどんどん進んでいます。
今話題の抽選だって、20周年のシンデレラブレーションで始めて導入されたときには手でめくるくじ引き方式。
それがタッチパネルの抽選機になり。

フード施設では、デジタル画面のメニューボードが登場していますね。
シーはまだですが、ランドのプラザレストランやトゥモローランドテラスなどで見られます。
かっこいいのももちろんですが、便利になったなぁと思うのは、品物の写真が出ているところ。
どんなお料理なのか、すぐわかります。

Nec_0086 パンギャラクティックピザポートでは、写真つきのメニューボードが登場していました。
なるほど、わかりやすい。。
うんうん。。

・・・と納得していたのですが、ふと気付いたことがあります。

それは、今までメニューに写真を載せていなかった理由です。
写真がないのには、理由があります。
それは、ゲストとキャストの間に人同士のコミュニケーションが生まれるからです。
写真を載せればすぐわかる。だけどそれじゃあコミュニケーションは生まれない。。
そうだったはずでは・・・・???

最近のパークは、合理化されすぎているような面もあると思います。
確かにそれがゲストの願いで、早く対応できればたくさんのゲストが満足できるだろうという考えだと思います。
でも、それでいいのかな。
今年の夏も、トゥモローランドに自動販売機くんが登場していましたね。
いいのかな。
それでほんとに、いいのかな。

いつもありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン ランキングに参加しています。気に入っていただけたら・記事がお役に立ちましたらクリックしてくださると嬉しいです(^^)みなさまのクリックが一票になります→

|

« リゾートラインの終点? | トップページ | DLRレポ セキュリティゲートのティモンとプンバァ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/262/31840754

この記事へのトラックバック一覧です: フード施設でもデジタル化:

« リゾートラインの終点? | トップページ | DLRレポ セキュリティゲートのティモンとプンバァ »