« DLRポッドキャスト | トップページ | 代表が変わる »

2009年3月25日 (水)

どうしてウィズインとドリカンにはパイロもコンフェもないのか?

WBC、侍ジャパン、優勝しましたね~ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
めでたい!
嬉しいですね~♪
優勝のニュースの映像で流れる大量のコンフェティ。紙ふぶき。カラフルなやつが大量に。。
あぁぁぁ。
いいなぁ。大量コンフェティ。
ここ最近、コンフェを浴びてない気がします。

なぜドリームゴーズオンの2つのショー ランドのドリームスウィズインと、シーのミッキーのドリームカンパニーではパイロもコンフェティも使われていないのか。
初めてみたときから、物足りなさが拭いきれません。
なんかこう・・・・華やかさが足りないというか、わぁっ!!って歓声をあげる場面がない気がするんですよね。。

P7225127 シーのウォーターフロントパークステージではともかく、ランドのキャッスルショーではフィナーレにパイロが上がるのが定番だと固定観念ができてしまっているからでしょうね(;´∀`)
クリスマスも、15周年も20周年も、パイロは上がったから。
フィナーレの音楽に合わせて、パイロかコンフェティがぱーんっ!!と上がって、まわりの人がみんな、わぁって歓声を上げる雰囲気が好きだから、思うんです。

P3070233なんでパイロもコンフェも飛ばさなかったんでしょう。
あれが一つあるだけで、かなり感激度は変わってくると思うのですが。。
写真は1枚目が昨夏のスターライトドリームスのもの。
これはひゅんひゅん上がる色つき素敵パイロですね。
(ところでパイロってどういう意味だろう。。と思って調べてみたらステージ効果用・特殊効果用の花火のことをさすそうです。なるほど。じゃあこのひゅんひゅんパイロはもはやステージを越えているのでパイロではなくただの花火かな。(゜ー゜;A)
2枚目はシーのリズムオブザワールドのときのもの。
大量コンフェで、ミッキーを見上げるとコンフェが口に入ってくるくらいの勢いでした(笑)。

あぁぁ。
また見られる日がくるでしょうか。。
昔はショーベースのワンスアポンアマウスでも毎回ミッキー型金コンフェを飛ばしていたというのに。。
懐かしい。。
コンフェ、もどってこーい( 」゚Д゚)」 パイロも、キャッスルにもどってこーい!

ランキングに参加しています。気に入っていただけたら・記事がお役に立ちましたらクリックしてくださると嬉しいです(^^)→

|

« DLRポッドキャスト | トップページ | 代表が変わる »

コメント

リズムオブザワールドの最後の紙吹雪、凄く感動したのを覚えています。
会場が一瞬、1つになる感じがするんですよね。
また、やって欲しいです。
というか、リズムをもう一度!

投稿: シロクマ | 2009年3月25日 (水) 14時32分

WBCすごかったですね!
今年は王監督じゃないしなーなんて思っていたんですが(わたし王さんの大ファンなので)、原監督もなかなかやり手ですね!!

ところで、コンフェやパイロが最近ないのはわたしも大いに不満です…
たしかにコンフェを出さなければあとのお掃除も楽なのでしょうね。(だから代わりこのごろはシャボン玉なんだろうなあと思っています。)

投稿: コロン | 2009年3月25日 (水) 16時15分

>シロクマさん
リズム、再演希望です。同じです(笑)
コンフェは、感動がさらに厚くなりますよね。
これでもかーっていうのが、いい(笑)


>コロンさん
すごかったですね~!
5回もやった分、いろんな思いがあったでしょうけど、最後はとってもスッキリしました(笑)
やっぱりコンフェ、パイロ、ほしいですよねー!
お掃除は確かに、大変そうですけど・・・・
でも、あるのとないのじゃ、大違いですよね!

投稿: チーズ | 2009年3月26日 (木) 00時43分

僕は、今回の2つのショーで、パイロやコンフェは使って欲しくないです(*^^*)

ドリームス・ウイズインは、成長と自立の物語。
見終わったあとの感慨が、大好きだった”ミート・ザ・ワールド”と、とっても似ています。
未来への希望と、帰らない過去への切なさと。
このところ、観るたび、僕の周囲の観客の8割は涙ぐんでます。嗚咽を堪えきれないひともちらほら。

ドリーム・カンパニーは、まだ夢への第一歩。
終演後、僕たちの前には、閉ざされた扉と光る鍵と、25周年のテーマ曲。
特に夜の回は、曲が鳴り終わると同時に鍵が沈みきり、その瞬間”ドリームス”の第1音が鳴り響く・・・鳥肌が立ちました。

どちらも、演じ手の表現力を磨き、繊細に演出しない限り、描けない世界。”パーン!”ってやったら、観客の心に生まれたふわっとした感慨が、一気に壊れちゃいます。
ここにむけて、この数年間計画的に、ひとを育ててきたんだなぁと感じています。たぶん莫大な労力とコストがかかってますよ。


そもそも、今回は、スッキリしちゃだめなんですよ。
”こんどは、わたしたちの番”なショーだから。

大丈夫。
この表現力がベースにあれば、
パイロや炎やコンフェをがんがんぶち上げるショーも、ますます感動的になるはず!

投稿: BigLove | 2009年4月 3日 (金) 02時06分

>BigLoveさん
コメント、追加してくださりありがとうございます(^^)
なるほど。。
見る観点が、違うのですね。
あたしなんてただ派手さが足りないなぁ、と思うくらいの浅はかな観点ですが(;´∀`)
ふわっとした感覚=スッキリしない感覚=”わたしたちの番”という解釈、言われてみれば確かにそのような気がします。

人を育てる、ということにコストがかかってきたのでしょうか。ここ数年のキャッスルショーがないことやその他もろもろのところでコスト削減を感じる場面が多かったですが。。
ミュージカル仕立てのオーバーが、最近やっと見る体に馴染んできて、もしかしたら見る側も見る素地が育ってきたところなのかなぁとも思います。・・・説明がうまくできないのですが(゜ー゜;A

BいgLoveさんの言われているとおり、これをベースにパイロやコンフェのシーンが加わったら、さらにパワーアップできそうですね!

投稿: チーズ | 2009年4月 4日 (土) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうしてウィズインとドリカンにはパイロもコンフェもないのか?:

« DLRポッドキャスト | トップページ | 代表が変わる »