« ハートの女王さま | トップページ | 2008年リゾートのできごと »

2009年1月31日 (土)

マレフィセントの手下

ついに彼らもこのウィズインで、キャッスルショーデビューです。

マレフィセントの手下の彼ら。名前、教えてください。ワンマンでおなじみの彼らです。
実は、個人的には友達に似ている人がいるので妙な親近感があったりします(笑)

P1249148 マレフィさま の登場でステージはヴィランズムードに。
P1249152けど、今回が子どもが相手ということで、マレフィさまは自分が出るほどでもない、と手下の彼らに鍵を奪うように命令をしてとっとと退場。
そしてどんなこわ~い演出なのか・・・とちょっと緊張していると、なんともいえない可愛らしい(というかちょっとふざけた)BGMに変わります。
まさかこの曲で鍵を奪うシーンになるのか!?と心配しましたが、そのとおりでした。

P1249153 お姉ちゃんなんて「変なのがきた~!」なんて言い方をしてます(笑)
ですが、弟君が逃げ切れず、鍵は結構あっさり奪われてしまいます・・・・。

奪ったあとの彼らの動きにも注目です。
・・・それは勝利のダンスなの!???って聞きたくなるくらい、踊りなのか、変な動きなのかわからない動きをしばらくしています(笑)
なんとも、しまりがないというか・・・。。
まぁきっと彼らにとっては、ご主人様の「鍵を奪ってこい」という任務が遂行できたからいいのでしょうね(゜ー゜;A

|

« ハートの女王さま | トップページ | 2008年リゾートのできごと »

コメント

お久しぶりです、チーズさん!

僕は、このシーンを観た時
”なるほど試練って、乗り越えられるサイズに調整されて、やってくるよなぁ”・・・って感心しました。

魔法の鍵の正体は、自分のこころ。
夢の扉をわざわざ閉ざし、鍵かけちゃうのも、自分のこころ。

ならばたぶん、試練も自分のこころが生み出してる。
古今東西、たくさんのひとが、”乗り越えられない試練なんて来ない”って言ってるけど、きっとほんとなんでしょうね。
そのときの自分には、あまりにも大きな壁に見えたとしても。

投稿: BigLove | 2009年3月17日 (火) 01時26分

>BigLoveさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます(^^)

乗り越えられるサイズ・・・そうかなぁ。。
個人的には、まだまだ人間として経験値がきっと低いので、試練、と思いながらそのときを越えることがありません(;´Д`)
振り返ってみれば、あれは試練だったかなぁという感じ。
自分が子どもだからでしょうね(゜ー゜;A

投稿: チーズ | 2009年3月17日 (火) 22時49分

「グーン(goon)」ですな。複数形だとgoonsか?

弟から鍵を奪った後、信じられないのか、びっくりするように手にした鍵を見つめて一瞬停止するのが、かわいいッス(爆)

考えてみれば、パークのショー/パレードで、いいトコ見せて終わった(やっつけられなかった)ヴィランズって初めて?
(ワンマンとかヴィランズのみのシーンを除く)

投稿: KoZ | 2009年3月18日 (水) 09時05分

>KoZさん
グーンですね!そうでした!
そうか・・・あの停止場面は、”可愛い”んですね。あたしは、なんなの、その間は!!と心の中でつっこんでしまいました(;´▽`A``
撃退されなかったヴィランズ。そうかもしれない!彼らがヴィランズのパークでの新しい歴史を作りましたね(笑)

投稿: チーズ | 2009年3月18日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/262/27437204

この記事へのトラックバック一覧です: マレフィセントの手下:

« ハートの女王さま | トップページ | 2008年リゾートのできごと »